やり過ぎのパンダ目メイクはかわいくない

目力を強調してパッチリ目に見せるアイメイクとして、囲みアイラインは代表的な方法で、とても流行ったメイク法でした。しかし、囲みアイラインのパンダ目メイクは、もう古いメイク法になってきています。いかにもといった印象を与えてしまうパンダ目メイクは、最近の流行ではなくなりつつあるのです。目力もパッチリ目も、囲みアイラインをしなくてもできるからです。いかにもメイクしてますと思わせるメイク法は、古い手法と言えるでしょう。実際、男性が好きじゃない女性のメイクの上位に入るのが、パンダ目メイクなのです。しかも、パンダ目が似合うのは若い女の子なので、大人の女性が囲みアイラインをしてしまうと、目力を強調するどころか、却って老けた印象に見えてしまって、損をしてしまうのです。やり過ぎ感を出さないで、目力を強調するアイメイクをするのが正解です。例えば、アイラインの引き方ですが、ラインに抜け感を出すことがいいでしょう。ベタっと目を一周アイラインで囲むのではなく、黒目から目尻にかけてのラインだけを引いて、目頭の上下にラインを入れないことで、パンダ目を回避できて、やり過ぎ感を感じさせないメイクになります。また、アイライナーではなく、パウダーライナーやアイシャドウでラインをボカして入れることで、自然に目力を出すことができるので、やり過ぎメイクを卒業したい人は、試してみてはいかがでしょうか。椅子と観葉植物

Filed under: 未分類 — ぶぅこ 10:29 PM