鏡を見なおして!急増中のブサイクメイク

メイクをすればするほど不細工になる、そんなブサイクメイクをされている方を時々見かけます。大体は、化粧慣れしていない方が、手当たり次第の手持ちの化粧品を使って塗りまくる。そんな感じでしょうか。まずは、ベースは自分の素顔です。素顔を美しく飾っていく、そんな感覚でメイクを開始しましょう。
一番大事なのは、ベース作り。シミやそばかすなどを隠す為に厚塗りするのはNGです。メイク前に下地で顔色を調え、コンシーラで隠したい部分を修正し。その上に、薄く薄くファンデーションを塗っていきます。少し、味気ないくらいで大丈夫。ここから、ポイントメイクをすることで、メリハリを付ける事でブサイクメイクを回避できます。メリハリが無く、全部塗るだけのメイクはブサイクメイクです。アイメイクは、それぞれ好き好きがありますのでお任せ致します。ただ、問題はチークのいれかたです。最近、血行をよく見せようと頑張って頬に差し色程度以上に、おかめのお面の様に赤く色を入れてしまう方が多いのです。若い方より、年齢が高い方は特に注意しないと違和感を醸し出します。最後に、口紅ですが出来ればチークと同じ系統の色で纏めると良い様です。薄い色を塗りたい場合も、輪郭だけはしっかりとこれさえ忘れなければ、ブサイクメイク卒業です。椅子01